入れ歯が痛い・噛めない【入れ歯】

自分に合った入れ歯を探しましょう

自分に合った入れ歯を探しましょう

歯や歯ぐきなど、お口の中の状態は少しずつ変わっています。そのため入れ歯も、つくったときには合っていても、経年によって合わなくなってしまうことがあるのです。

入れ歯が合わなくなると、咬むときに痛んだり、食べものがはさまったり、また外れやすくなったりと、さまざまなトラブルを招きます。長く使っていくには、定期的に調整したり、新しいものにつくりかえたりすることが必要になるのです。

上野・御徒町駅近くの歯医者、中冨歯科では、一人ひとりの患者さんのお悩みを解決する入れ歯をご提案します。一緒に、ご自分に合った入れ歯を探しましょう。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険が適用できるものと、自費診療になるものがあります。それぞれのメリット・デメリットをしっかり理解して、ご自身に合った入れ歯をつくりましょう。

保険入れ歯 自費入れ歯
イメージ 保険入れ歯 自費入れ歯
素材 床はレジン(歯科用プラスチック)のみ 金属やシリコンなど、さまざまな素材から選べる
構造 部分入れ歯には金属のバネがあるなど、かぎられている 最新技術を取り入れることが可能
使用感
  • 装着時に違和感がある
  • 咬む力は比較的劣る
  • 食べものの温度を伝えにくい
  • 床を薄くしたり、軽くしたりすることで、使用感を追求できる
  • しっかり咬めるものをつくれる
  • まわりの健康な歯に負担をかけないものもつくれる
耐久性 壊れやすいが、修理は簡単にできる 壊れにくいが、修理できないものもある
費用 保険が適用できるため、抑えられる 自費診療になるため、高額になる

当院の入れ歯について

金属床義歯

金属床義歯

床部分に金属を使用した入れ歯です。強度を確保しながら薄くできるため、装着したときに軽く、違和感も軽減されます。また熱伝導率が高いため、食べものの温度を感じやすくなる点もメリットです。耐久性が高く、長く使える入れ歯です。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯

金具を使って固定する、取り外しが可能な部分入れ歯です。保険適用のものより小さくでき、バネがないため見た目も自然です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

保険適用のタイプにあるバネ(クラスプ)をなくした部分入れ歯です。やわらかいナイロン樹脂を用いているため、壊れにくいうえにフィット感がよく、目立ちにくいといったメリットがあります。金属製義歯に比べると、耐久性は劣ります。

入れ歯についてのお問い合わせはこちら 03-3835-0881

中冨歯科 NAKATOMI DENTAL 予防を大切にしている医院です。

御徒町駅から徒歩3分

診療時間

診療時間

地図〒110-0005 東京都台東区上野3-23-11 松田ビル2F

35.70657581212577,139.77395883016356

中冨歯科
〒110-0005
東京都台東区上野3-23-11 松田ビル2F

35.7063493,139.7733151