なるべく歯を残したい【根管治療】

重度の虫歯には根管治療

虫歯が重度にまで進行し、歯の内部にある神経まで達すると、従来その歯は抜かなくてはなりませんでした。しかし歯とは1本でも失うと、お口全体のバランスが崩れ、歯並びや咬み合わせが乱れてしまうなど、さまざまな悪影響を招いてしまいます。そこで、悪化した虫歯を抜かずに残すために、根管(こんかん)治療が行われるようになりました。

上野・御徒町駅近くの歯医者、中冨歯科では丁寧に、根管治療を行っています。重度の虫歯でお悩みなら、当院にご相談ください。

根管治療とは

歯の中には、神経、血管、リンパ管などが通っている「歯髄」があります。根管治療とは、虫歯菌に冒されて死んでしまった歯髄を取り除き、根管内をきれいに消毒して、すき間なく薬剤を詰める治療です。

根管は大変細かく複雑な構造になっており、根管治療は難しい治療です。もしきちんと治療ができなければ、再治療が必要になることも少なくありません。しかし、これを確実行うことができれば、重度の虫歯も抜かずに残すことができるのです。

根管治療の流れ

STEP 01 麻酔
  • STEP 01麻酔
  • 神経を抜く(歯髄を取る)前には、麻酔を施します。再根管治療の場合はケースによって麻酔を行います。
STEP 02 治療
  • 根管の中から、内部をきれいに消毒します。
  • STEP 02治療
STEP 03 根管充填
  • STEP 03根管充填
  • 洗浄が完了したら、根管の中に、薬剤をすき間なく充填します。
STEP 04 被せものの装着
  • 根管の中から、死んでしまった神経を取り除いて、内部をきれいに消毒します。
  • STEP 04被せものの装着

精度の高い治療を行います

当院では、精度の高い根管治療を実現するために、次のことを行っています。

ルーペの使用

根管の内部は大変細かく、肉眼で確認することができないため、従来根管治療は、歯科医師の経験や勘に頼る形で行われてきました。当院では根管治療にルーペを用いて患部を拡大し、きちんと肉眼で確認しながら精密な治療を行っています。

ラバーダム防湿

根管治療を行う際に、もし根管の内部に細菌が含まれるだ液が入り込んでしまったら、根管内を無菌状態にすることができません。そこで当院では、根管にだ液が入り込むのを防ぐために、ラバーダムというゴムのシートを使用し、清潔な治療環境維持に努めています。

難治性の治療の場合

通常の根管治療では効果が認められない、難治性根尖性歯周炎の治療の場合、CT画像診断は保険が適用されます。

根管治療についてのお問い合わせはこちら03-3835-0881

中冨歯科 NAKATOMI DENTAL 予防を大切にしている医院です。

御徒町駅から徒歩3分

診療時間

診療時間

地図〒110-0005 東京都台東区上野3-23-11 松田ビル2F

35.70657581212577,139.77395883016356

中冨歯科
〒110-0005
東京都台東区上野3-23-11 松田ビル2F

35.7063493,139.7733151